ロココ様式のインテリア

サロンスタイルのインテリア


Y様は、高輪の閑静な街並みにあるマンションにお住いのご夫婦です。お子様が生まれたのをきっかけに、広尾のマンションから転居なさったそうです。
以前からクラシック家具がお好きで、広尾のマンションは、クラシカルな内装や建具に合わせて、茶色の家具とモスグリーンのカーテンで、イギリス風インテリアを楽しまれていたそうです。マンションに合わせたインテリアだったので、家具付きでマンションを売却なさいました。
細部にまで、美意識とこだわりを極めてできた、上質なインテリアだったからこそできる選択です。家を愛し、インテリアを重要視する欧米では、一般的なスタイルです。

新しいマンションは、内装がとてもモダンです。
旦那さまは,カッシーナの白い革のコーナーソファと、大きなテレビでかっこよいインテリアにしたいと思っていらっしゃいました。
奥様はクラシックインテリアがお好きでしたが、家族や家を考えると、インテリアを本格的なクラシックテイストにすると、完成度が低くなる、家具は明るい色にして、モダンを取り入れていこうと考えたそうです。

カッシーナのコーナーソファに合わせた、センターテーブル。
デコラティブなデザインにして、アートピースになるようにしています。テーブルの下に収納されているのは、スツールにも使える物入です。
部屋を垢ぬけておしゃれな印象にしているのは、家具に合わせた小物選びが、とても上手だからです。ソファのクッションや、ソファのスツールといったファブリック。さりげなく飾られている花、壁に掛けられた絵画。
どれも、クールでエレガントなものばかりです。
壁の絵は、お持ちのエルメスのスカーフが一番イメージにぴったりと、額装されたそうです。とてもセンスが感じられます。

Y様は、インテリアのテイストも、欲しい家具も決まっていらっしゃいました。デザイナーが独自にご提案したのは、お部屋の中央に置いてあるオブジェソファです。
とても斬新なデザインで、インテリアとしても滅多に見かけないアイテムです。打ち合わせを重ねる度に知る、Y様の高い美意識に、この方ならハイクラスな遊び心を理解してくれるだろうと、解釈しました。
Y様は、部屋が狭くなるかな?とも考えたそうですが、素敵になると直感なさったそうです。今では、アートピースとして大切になさりながらも、お友達の手荷物を置いたり、息子さんの遊び場所になったり便利とおっしゃいます。
気負わずにきれいに生活する事は、とても難しいですが、Y様ご夫婦は美しい自然体で、暮らしていらっしゃいました。

ベッドルーム。
コンクリートの壁に、カッシーナのベッドやエルメスオレンジが斬新なお部屋です。
こちらの部屋は、ヨーロッパのモダンホテルのようにしたいと、モダンな家具を探していたそうです。しかし、ベッドに合わせるチェストもモダンにしてしまうと味気ないので、布ぐるみの箱をチェストとして使おうかと考えていらっしゃいました。
そこで、箱を重ねたデザインのチェストをご提案いたしました。エレガントでおしゃれなY様テイストにぴったりです。
エスプリの効いた、シックなクラシックインテリアです。

奥様は、ご結婚なさってキャビンアテンダントを辞めた後、家庭を豊かに彩りたいと、習い事を始めたそうです。
紅茶教室をきっかけに、食器や料理に興味を持ち、ヨーロピアンチャイナペイントとお料理教室に通われたそうです。すると、家に人を招くことが多くなり、家のインテリアに興味を持ち、レースドール、シルクフラワーアレンジメントを習われ、家具も凝るようになったとおっしゃいます。
今ではどれもプロの腕前で、手作りの人形や食器は、一流のブランドと見間違うほどです。色遣いやデザイン、飾り方に奥さまのセンスの高さを感じます。

ホーム / インテリア / ロココ様式 / サロンスタイルのインテリア