フレンチインテリア

世田谷お料理教室のインテリア


エレガントなリビングインテリア

世田谷区にお住いの、若くおしゃれなご夫婦です。以前のマンションは、旦那様がお好きな、モダンでシャープなインテリアになさっていました。奥様はお料理とフレンチスタイルのテーブルコーディネート教室を開いていらっしゃり、ご新居のリビングダイニングルームは、お教室を前提に考えられ、エレガントなインテリアにしようと思われたそうです。
・お教室は、日常と同じではいけない。
・インパクトのあるインテリアにしたい。
・それでいて、日常生活の場でもあるので、旦那様が落ち着けるインテリアにしたい。
と、確固たる信念をお持ちでいらっしゃり、クラシック過ぎない、すっきりとエレガントなインテリアにしたいとのご希望でした。
旦那さまは、奥様の美意識を信頼していらっしゃり、家づくりは、奥様が主に考えられたそうです。

高い窓を活かしたおしゃれな空間

「すっきりとエレガントなインテリア」といっても、とても漠然としていて、形として作るのはとても難しいことです。奥様は、気の遠くなるような数の選択を1つ1つ高い審美眼で決断されました。

床ー
リビングルームの床は、フローリングで提案されたものを、「エレガントなサロンには必要」と、白いタイルに替えられたそうです。印象的なお部屋に欠かせないものとなっています。

カーテンー
高い窓は、インテリアのフォーカスポイントなので個性が出るようにデザインされ、旦那様のご友人に作ってもらったそうです。モダンな内装とクラシックな家具を上手に融和させて、おしゃれな空間を演出しています。

上品な存在感のあるソファ

当社デザイナーは、上品な淡い色の家具で、甘すぎないエレガントなものがいいと相談を受けました。ソファは、マイルドな雰囲気になるように、布ぐるみのものがいいとのご希望でした。
家具というと、デザインが大切と思いがちですが、上質な存在感には「布の力」が重要です。
奥様も賛成されて、クオリティの高い布の中から落ち着いた雰囲気になるようにと、クリームイエローの色を選ばれました。
ソファやチェアがお揃いの張地でなく、淡い色調でもリッチな迫力があるのは、上質な布の力といえるでしょう。

異なる様式を合わせた、おしゃれなチェアとオットマン

パーソナルチェアは、個性を出すために彫刻のものをご提案しました。
ルイ15世様式のデザインにして、サロンの優雅さを出しています。合わせたオットマンは、お揃いではなく直線的なリージェンシー様式にして、お部屋が甘くなり過ぎないようにしています。

お部屋に合わせたデザインのテレビボード

テレビはメカニカルなものですので、テレビボードも直線的なフォルムにして、スペースをトータルで見ておしゃれになるようデザインしました。

エレガントなリビングダイニングのインテリア

リビングダイニングに置かれた家具は、18世紀に誕生したエレガントなルイ15世様式と、19世紀初頭に誕生したシャープなリージェンシー様式のデザインのものです。
300年という長い年月の間認められ続けた、普遍的な価値のあるデザインです。
一流のハウスメーカーが作った、ジャパニーズシンプルを極めた内装に合わせた事によって斬新な魅力が加わり、伝統に裏打ちされた、ゆるぎないエレガンススタイルを確立なさいました。

ホーム / インテリア / フレンチインテリア / 世田谷お料理教室のインテリア